30代の歯科医師の求人は見つけやすいと言えます。

その理由は、この世代の先生方は歯科医師としての一通りの技術を身に付けておられるので、即戦力として働けることにあります。

また歯学部を出てから一定の時間が経過しているので、歯科医師としての十分な経験もお持ちです。

30代の歯科医師の方が求人を探される場合は、二つの方向があります。


まず一つ目の方向は、ご自分の技術をさらに高めていく職場を探すものです。



こちらの方向の場合は、特に保険外の診療を積極的に行う歯科医院の求人を探すのが良いでしょう。

インプラントや審美歯科といった分野は保険が適用されないので、患者さんが支払う料金が高くなり、結果として医師としての報酬をアップさせることができます。


もちろんそれだけはなく、患者さんが持っている歯の悩みを解消する面もあるので、患者さんに喜ばれる仕事でもあります。保険外の診療のする技術が高まれば、収入が上がって医師としての生きがいも感じられるようになります。


もう一つの方向は、自分の独立に役立つ求人を探すものです。



30代になれば、歯科医師としての技術もついて、経験もあるので自分で医院を開くことも可能です。



開業資金が必要となるので、その資金を多く貯められる職場を探すようにします。


そのためにはできるだけ都市部の歯科を探した方が良いでしょう。


都市部は歯科の数も多いですが、患者さんの数も多いので、できるだけ多くの患者さんの診療をすれば、ご自分の報酬は上がっていきます。